*

2016年3月

FXで勝つためには暴落するというリ

FXで勝つためには、暴落するというリスクをちゃんと考えなくてはいけません。暴落の可能性がなさそうな状況でも、とりあえずはそのリスクを考慮したトレードをしてください。FXに絶対という言葉はありえないので、万が一のことも予測しておくようにします。たとえば、ドルの場合ですと、利益を出しにくいのですが、その代わり、リスクも小さくなります。FXの損益の計算は、自分でする必要がないのです。ほとんど、FX業者がやってくれます。FX業者のシステムにログインしたら、損益計算書という欄に目が止まると思います。そこにアクセスすると、自動的に今までの損益損失を計算してくれているはずです。ただ、複数のFX業者に委託して取引を行っている時には、自分で計算することも有意義でしょう。FX投資で勝つためには取引における規則がポイントだといわれていますが、FXの売買ルールとは簡単にいうと投資する方法のことです。ルールに従って運用をすることで、危険性を最小限に抑えることが可能となり、勝つ確率が高くなります。この規則は、自分で作成してもいいですが、自信が持てない場合は成功者のルールを真似ることをお勧めします。投資で常に考えるべきリスクとして追証といわれるものが存在します。言うまでもなく、FXでも対象となる問題です。あまりにも利益を追求しすぎてギリギリの資金で行おうとすると、証拠金維持率を下回ってしまうことも少なくないのです。そうなってしまえば、トレードが思い通りにいかなくなるので、余裕を持って資金を運用することが勝利に繋がるのです。自分なりの投資スタイルを確立していて、本業と同程度の利益を上げられる自信を持っていて、不安にならないくらいの貯金を持っているならFX取引で生計を立ててもやっていけるでしょう。ただし、一度仕事を辞めると再就職が相当難しくなることだけは承知しておいてくださいね。FX投資を始めるにあたりどの位のお金がいるのかというと、FX業者にまず口座を作りますが、その時かあるいは取引を行なう時に最低証拠金が必要になるので、FX業者をどこにするか選択次第で金額は違ってくるわけです。最低保証金の具体的な例では100円という所や5万円だったりもします。それから、取引の最小単位についても業者によって異なり、1000通貨のところもあれば高額の取引になる10000通貨の業者もあり、FXの経験がない、全くの初心者の場合は迷わず1000通貨単位にしておけば大きな危険を冒さなくて済みそうです。FXでは取引を始めようとする以前に業者に対し保証金を預けなければならないのですが、レバレッジを使ったとするとこの預け入れた保証金に対し、数倍から数十倍ほどの額まで取引を行うことができます。レバレッジを利用していくことでリターンを大きくすることができるのですが、また同様にリスクもより大きくなる可能性があるのです。FX投資をやりたいと思ったら、最初に、使うFX会社を確定してください。FX会社ごとに様々な特色があるため、注意して選びましょう。選択したFX会社のサイトから、口座の新設を申し込むと、審査が行われ、審査に通ると、必要書類が手元に到着します。投資の元金を口座に入金したら、いつでもFX取引を開始できます。FX投資により生み出される利益は課税の対象のため確定申告が必要とされていますが、年間を通して利益が出なかった場合には必ずしなければならないわけではありません。しかし、FX投資を続けていくつもりであれば、利益が出なかった年も確定申告をした方がいいでしょう。確定申告を行った場合、損失の繰越控除というものが使えるため、最長で3年間、損益を通算することが可能です。FX投資に限らないのですが投資の世界においては、損切りは大事な手法です。トレーダーとして投資を続けていて、ダメージを受けずに利益だけ得られる状態はあり得ず、必ず損はします。起こるべく起きた損失をどれだけ小さくできるかというのがFX投資で失敗しないように続けていく心積もりがあるのなら一番重要な鍵を握る点となるでしょう。損を被った時にそこから傷を広げないよう、損切りをどこでするのか自分でルールを作っておき、絶対にそれを曲げたりせず徹底して守ってください。キレイモ 三重