*

肌の乾燥にはクリームケアで

肌の乾燥がひどくなってくると、肌のバリア機能が低下し、敏感肌の症状を引き起こしてしまいます。化粧水がしみたり、かゆみを感じるなどした場合は、バリア機能が低下し、敏感肌になっている可能性があるのでケアが必要です。

 

化粧水がしみる場合、まずは一旦、化粧水の使用を中止し、美容液の使用のみに切り替えて様子を見ましょう!それでも、敏感肌用の低刺激クリームのみの使用に切り替えましょう。2週間ほど様子を見て、収まってきているようなら通常のケアに戻し、それでも収まらないようなら皮膚科に診てもらいましょう。

 

単なる乾燥肌とおもっていた症状がじつはアトピー性皮膚炎といった可能性もありえます。たとえかゆみなどの症状が収まっても、発疹などが出ている場合は皮膚科の受診をしましょう。

 

 

美肌を取り戻す魔法のコスメとして、最近、トレチノイン・ハイドロキノンが注目を集めています。