*

生活一般

返済期限を確実に守ります。

 

雑誌の宣伝、スポーツ新聞、街角に見かけるチラシやダイレクトメールで「多重借金の片付けします」「負債を集約しましょう」などといった惹句を見かけることがあります。

 

そういったものは、「整頓屋」「買取屋」「つなぎ屋」という通称の企業のだまし広告のときも存在します。

 

このようなものを申し込んだときには自己破産申請の流れの中で免責許諾を受け取れない可能性が存在します。

 

「整頓屋」の場合ビラなどで債務者を寄せ集め高額の費用を請求して整頓をやりますが結局は整頓は実行されずに、依頼者はより債務地獄に堕ちてしまうときがほぼ全部と思われます。

 

「買取専門人」の場合借金者のローンで、電化用品、何らかの券などを山ほど仕入れさせ、債務者から買った品物を購入額の1割~半分で買い直すというやり方のようです。

 

依頼者は瞬間的にはお金が手に入れられますが、少しすればクレジット企業経由の商品価格の催促が届くことになり、負債額を悪化させる結果になります。

 

この場合だとカード業者へ犯罪行為として免責をもらえません。

 

「つなぎ業者」は、大口の消費者金融から拒絶されるようになった借金者について直接的な資金提供は一切せずに、提供を可能な違う貸し手を教え、高い依頼料を請求する会社です。

 

紹介屋は専門的な手続きで金貸ししてもらったかに会話しますが、実際には何もしないまま、種は簡単で審議の通りやすい店を把握しているだけというやり口です。

 

負債を増加させる結果となります。


テスト

テスト記事です。